小幡績『ネット株の心理学』MYCOM新書

あの素晴らしいあ○をもう一度

$ゆっきーのエッセイブログ

どっかでお金にしないと永遠に保有しているだけになってしまいそうだ・・・
その答えはどうやらこの本に書いてあるようなのです。

前回こう書いて終わりました。

 優良株を長期保有して配当や株主優待を悠々自適に楽しむのではなく、「青年」が人生を謳歌するように欲望に忠実に儲けること、この困難なことはどうやって実現できるのでしょうか。

人生を謳歌することが意外と難しいのと同様、それは難しく、きっとそのチャンスを逃さないことが重要なのでしょう。

 人生の成功も恋愛の甘美さも、あなたの決断力のなさで過ぎ去ってしまった。

 いえいえ、ことによると目の前にあったはずの至福の瞬間をみすみす気がつかずにやり過ごしてしまったかもしれないのです!!!

 遅くはありません!チャンスはあります!

 じゃあどこに!!!

 あの素晴らしい愛をもう一度!!!

著者によるとその絶好の機会は バブルにあるようです。

「世間では、バブルは諸悪の根源で、とても恐ろしいものとして扱われています。日経平均がどんどん上がっていくときには、メディアはバブル再来か?と書きたてます。やはり皆さんもバブルは怖いでしょうか?」『ネット株の心理学』p85

 あたしは直接知らないのですが、日本の金融システムを崩壊させ、美しい日本の国土は地上げで粉々になり、本業とは関係ない財テク投資で会社が倒産したり、買えば値上がりするとばかりに、株式を借金してまで買った人たちの悲劇的結末だったり、バブルはあまり良く語られていないことは知っています。

 ですので、この本の奥付をみますところ大蔵省出身でもあるこの小幡さんという著者が、諸手を上げてバブルを礼賛しているのは新鮮な驚きでした。

「私もバブル世代ですが、この世代は、行動パターンをバブル経験以前に戻せないのです。バブル世代は、当時、会社の金でも自分の金でも構わず使い、夜は高級フレンチレストラン、買うものはブランド物、週末はゴルフでした。バブル崩壊でフレンチレストランもブランド物もゴルフも縁がなくなり、ユニクロと和民で暮らしていたのですが、2005年ころから景気が良くなってくると、再びバブルの血が騒ぎます。今、こだわりの高額イタリア靴を買っているのはこの世代で、ちょいワルオヤジと呼ばれていますし、ブランド物に身を包んだマダム世代も同世代です」『ネット株の心理学』p87

まあ、雰囲気はいろんなメディアでいまだに後世の我々に伝えられていますのでイメージは湧きますよね。

「このように人間や社会を堕落させるバブルですが、なぜこの諸悪の根源のバブルを撲滅できないのでしょうか

著者は問いかけます。

そしてその答えは・・・

 「みんなバブルが大好きで、バブルが来るのを心待ちにしているからです」

 (ーー)

♪あの素晴らしい  愛 もとい 泡(あわ)をもう一度!


バブルに無縁だったあなたはもしかして・・・

人生の成功も恋愛の甘美さも、あなたの決断力のなさで過ぎ去ってしまった・・・のかしら?
森鴎外の『青年』から日本人はずっと同じなのでしょーか?!

その答えはどうやらこの本に書いてあるようなのです。

次回バブル経済礼賛に つづく

広告を非表示にする